業者はどこを見てチェックしている?【不動産売却のポイント】
ロゴ

不動産売却時に気をつけたい事【査定時に見られる部分】

売却するなら築年数も大切!

不動産売却を検討している人で、売却するかしないかで悩んでいるという人は築年数を確認してみましょう。築年数によって不動産売却査定時の価格が変わります。

築年数で売却価格が変わる!【マンション&一戸建てを比較】

マンション

マンションの場合、築約8年から9年程度の物件が目安と言われています。築約15年を過ぎてしまうと大規模修繕が必要になってしまう確率が高くなり、修繕費の方が高くなってしまうため価格が大幅に下がってしまうと言われています。

一戸建て

一戸建ての場合は、マンションよりも少し短い築約5年から6年ぐらいが不動産売却価格は高い傾向にあります。そのため、なるべく高い価格を目指すならこのぐらいの時期がベストでしょう。築約20年を過ぎてしまうと、価格はマンション同様大幅に下がってしまいます。

業者はどこを見てチェックしている?【不動産売却のポイント】

家

一戸建てで見るポイント

不動産売却査定のとき、多くの査定業者が間取りと生活動線を確認します。一戸建ての場合、間取りによっては住みやすい・住みにくいという風に使いやすさが分かれてしまうため万人受けするかどうかが重要になってくるでしょう。生活動線部分は、リビングやキッチン・風呂場など毎日のように使う場所が主な確認ポイントです。

部屋

マンションで見るポイント

一戸建ての場合は、間取りや生活動線部分が主なチェックポイントになりますがマンションの場合は、玄関やベランダの向きが査定時のチェックポイントになります。その他にも、階数や部屋の位置・ベランダからの景観も確認されるでしょう。そのため、川口市でマンションを購入するときに最初から不動産売却を検討しているのであれば階数や玄関・ベランダの向きなども検討しつつ購入してみて下さい。

積み木

査定時マイナスとなるポイント

不動産売却をするために、査定をするならどこがマイナスポイントになるのかを調べておくことも大切です。築10年以上の不動産物件は建物の評価が基本的に低くなってしまいます。その他にも、駅までの距離・周囲の環境なども悪ければマイナスポイントになってしまうでしょう。
立地条件や駅までの距離はどうすることもできないため、マイナスポイントを埋めるのであれば建物の状態を修復し、設備面などを整えてみてください。

レディ

査定時の価格アップ方法

不動産売却のさいに、査定額を少しでも高くしたいという人は建物自体の見た目を修繕する事も大切ですが日頃から綺麗に使うよう心がけておきましょう。水回り部分は毎日のように使うため、汚れやすくカビなども発生しやすい場所です。なので、日頃から小まめに手入れをし綺麗にしておきましょう。破損箇所がある場合は、事前に修復しておいてください。

不動産売却をするなら知識が必要!

不動産売却を検討している人は、知識を身に着けておきましょう。売却するタイミング・物件の状態などで査定額が変わるため、少しでもいい条件で売却するためには大切な事と言えるでしょう。